【私の好きなもの】ロードバイクにハマってます(山下博司)

生野支部Web担当の島田です!

支部役員の皆さんの趣味嗜好を掘り下げて人となりを知ってもらおうという企画、「私の好きなもの」。

副支部長の山下博司先生が最近ロードバイクにハマっているということで、その魅力についてお話を聞いてきました。

(なお、この記事は関西弁のイントネーションでお読みください。)

最近どこ走りました?

こないだ十三峠を登ってきたとこ。大阪と奈良の間には峠越えの坂道がいくつもあるんやけど、南から葡萄坂、十三峠、暗(くらがり)峠、阪奈道路、清滝峠、ていう辺りがメジャーどころかな。

その中でも十三峠は「関西のヒルクライマーの聖地」って呼ばれてるところ。難易度は中の上、ってとこかな。3.9kmの行程で、獲得標高が362m、平均斜度が9.2%。

今挙げた中では、暗峠が圧倒的に難しいゲキザカ。とにかく坂がきつすぎて怖いぐらい。ちょっとまともな道じゃない(笑)。阪奈道路は広いけど交通量が多くて危ないし。

せやから、十三峠くらいがタイムアタックとかするにもちょうどええねん。まぁまだまだ人に自慢できるようなタイムやないんやけど(笑)。

始めたきっかけ

知り合いの税理士の先生に誘われて始めたんやけど、基本的には「体にいいだろう」と思って運動のつもりで、っていうのがきっかけ。今はその先生を含めて税理士仲間3~4人で一緒に走ってる。

別にタイムをめっちゃ早くしたいとか成績を良くしたいっていう競技志向でやってるわけじゃなくて、仲間といろんなところへ行って綺麗な景色を見たり美味しいものを食べたりしてワイワイするのが楽しい、っていうのが大きいかな。

モチベーションは、自分の進歩が感じられること

自転車っていうのはよくできてる乗り物やと思えへん?歩くのと同じだけのパワーでも進める距離・行ける範囲が格段に変わるやん。子供のころに自転車買ってもらったら遊びに行ける範囲が格段に広くなったでしょ?この乗り物を考えた人は天才やなって、子供のころから思っててん。

でもそんな素晴らしい乗り物である自転車が、唯一苦しみに代わるのが坂道やねん。平坦はスイスイ行けるのに、坂道に入った途端ペダルの重さが変わってキツくなる。でも漕がんと前には進まれへん。しんどくて休みたかったら足付くしかない。

去年初めて十三峠にチャレンジしたんやけど、そのときはなんとなくの軽いノリで一人で行ってみてん。でもこれがめちゃめちゃキツくて。全然前に進めへんねん。想像してた以上にしんどくって、何回も足付いて休憩して。でもしんどくて休んでるって思われるの恥ずかしいから、なんか写真撮ってるふりしながら休んだり(笑)。

最初がそんなんやったから「これ無理なんちゃうかな、こんな坂登れるようになるんかな」って自信なくしてん。でも他のローディー(ロードバイクに乗る人の愛称)が書いてるブログとか読んでたら、今は十三峠をガンガン登ってる人もみんな「最初は全然あかんかった、でも何回もチャレンジして段々登れるようになった」みたいなこと書いてるねん。そういうの読んで、「誰でも最初はそんなもんなんや、俺も乗り続けてたらできるようになるんや」って思って、それを一つの目標にしたっていう感じかな。

ただ、いきなりレベルの高い坂道にチャレンジしてもただただしんどいだけで、あんまり楽しくないねん。せやからヒルクライムばかりじゃなくて平坦も含め他のいろんな道を走って、ちょっとずつ自分なりにレベルアップを図ってきたんよ。

例えば、去年の春に八幡市の背割提っていうとこへ行ってん。桜が綺麗で有名なとこなんやけど、そのときは久しぶりに自転車乗ったっていうのもあって、めっちゃしんどくてヘトヘトになって帰ってきたんよ。で今年の春もそこに行ったんやけど、去年より全然楽で、ノンストップで行けてん。休憩したいとも思わんかった。1年前とは感覚が全然ちゃうかった。

あと、センチュリーライドって言うて、長距離ライドの一つの目安があるねんな。160kmつまり100マイル走ることなんやけど。センチュリーライドは一度クリアしてみたいなって思ってて、琵琶湖まで行って帰ってきたらだいたい160kmぐらいやから、それもチャレンジしてみてん。その時点での最長記録は120kmやってんけど、これも何人かで行ってクリアできたんよ。

で、そういう少しずつの成長を経験して、感触として自分がだいぶ進歩してると思ったから、「これは十三峠いけるんちゃうかな」と思って確かめてみたくなってな。それで、こないだ行ってきたんよ。で実際登ってみたら、もちろんめっちゃしんどかったし、タイムとしては全然やねんけど、なんとか行けたんよ。少なくとも前よりはだいぶマシやった。「絶対無理」っていう感じじゃなくなっててん。

距離とかタイムとかの数字が伸びるともちろん嬉しいんやけど、数字狙いでやってるわけやないし、それよりは自分が進歩してる、成長してるっていうのを自分で感じられるのがモチベーションになってると思う。大人になるとさ、自分で「俺前より進歩したわー」って思えることってあんまりなくなるやん?ロードバイクやってたらそれがあるねん。それが楽しいねん。

今の目標は?

今のところは、十三峠を登ってて楽しいなって思えるようになることかな。前はどれだけペースを落としてもただただしんどくって苦行でしかなかったんやけど、最近ちょっとだけ楽しさを感じられるようになってきてるから。いやもちろん、今でもめちゃくちゃキツいんやで(笑)。

近いうちにやりたいと思ってるのは、琵琶湖一周、淡路島一周、あと高野山。

琵琶湖一周と淡路島一周は前に行ったことあるんやけど、クリアできずに終わってるねん。せやからチャンスがあれば行きたいなって思ってる。

あと高野山も行って帰ってきたらだいたい160kmぐらいのセンチュリーライドになるんやけど、山やから当然獲得標高も高いし、これはもうちょっと自信持てるようになってから行ってみようと思ってるところ。

 

いいね!もフォローも大歓迎です!!

投稿者プロフィール

Web担当:島田明
Web担当:島田明税理士
生野支部Web担当の島田明です。個人事業に特化する青色申告専門税理士。

山下博司に問い合わせる

山下博司への業務依頼・お問い合わせをご希望の方は、下のボタンから問い合わせフォームへどうぞ。

(営業目的でのお問い合わせはお断りしています。)