令和も生野支部をよろしくお願いします(赤尾滋樹)

令和、新しい時代によせて

「明治」「大正」「昭和」「平成」と続いて「令和」が始まりました。今、日本には明治生まれの人は何人くらいいらっしゃるのでしょうか。満106歳以上になるのですかね。

いまだに、R1年とか中々馴染めません。でもその内馴染めるようになるのでしょうね。Excelで予算書を作るのも一苦労です。

今思い返すと、戦前・戦中・戦後を知らない、高度成長期以降生まれの私にとって、昭和が一番良かった気がします。全てが右肩上がりでイケイケの時代でした。それがピークを迎えバブル崩壊へと繋がり、平成を迎えました。平成の時代も平和で悪くなかったのですが、やはり阪神淡路大震災、東日本大震災など自然災害が頻繁に起こった印象が残っています。

では、令和はどんな時代になるのでしょうか。まだまだ小さい子供を抱える身なので、素晴らしい時代になることを願ってやみませんが、こればかりはわかりません。紛争もあちらこちらで起こっているようです。経済も世界中で行き詰っているので、本音はいろんな意味でリセットしたいんでしょうね。「平成の時代はよかった」と言われることないようにしたいものです。

私もわりとミーハーなところがありまして、5月2日に橿原神宮に行ってきました。前日の5月1日は御朱印帳をもらうのに長蛇の列ができたそうですが、2日は全く行列ができていませんでした。一緒に行った人が、令和元年五月二日と書いてもらうところを、「二を一に変えて下さい、どうせ一本抜くだけでしょ」と言ってみたらいいのと違う?と言われ、それには私も大笑いしました。

何だかんだいいながら、とりあえずは今のところ平和に迎えることができた「令和」でした。

 

近畿税理士会生野支部 支部長 赤尾滋樹

いいね!もフォローも大歓迎です!!

投稿者プロフィール

Web担当:島田明
Web担当:島田明税理士
生野支部Web担当の島田明です。個人事業に特化する青色申告専門税理士。

赤尾滋樹に問い合わせる

赤尾滋樹への業務依頼・お問い合わせをご希望の方は、下のボタンから問い合わせフォームへどうぞ。

(営業目的でのお問い合わせはお断りしています。)